• ホーム
  • まつげ育毛剤を使った場合に起こる可能性がある失明のリスク

まつげ育毛剤を使った場合に起こる可能性がある失明のリスク

2020年05月21日

まつげ育毛剤を使っていて最も怖いリスクと言えば、失明するかもしれない、というリスクでしょう。これはどのような薬にもある事なのですが、特に目元に使うまつげ育毛剤にはこのリスクはとても大きく、欠かせない注意点になっています。
まつ毛育毛剤を使用した時のリスクや、失明するかもしれないリスクについて考えてみましょう。

まず、基本的にリスクが全くないかというとゼロではありません。誰でもどんな薬でも相性がありますし、体質上使うと悪い影響が出るものもあれば、逆に飛びぬけて効果が良く出るようなものもあります。同じ薬を使っていても状態が人によって違うように、人によって効果は違ってくるものです。
このため、まずはなんにせよ様子を見ながら使うのが良いでしょう。特に最初に使ってみてあまりに副作用が強く出たり、何か見え方に問題があるようなら使用をすぐに中止する方が良いのです。

次に、一般的なリスクとしては様々なまつげ育毛剤といっても医薬品クラスのものになると、管理されて衛生的な環境で製造されているはずなのです。このため、むしろ流通段階でのリスクや、使用中に起こるリスクの方が高いと考える方が良いでしょう。
一方で美容のためのアイテムであれば、たしかにこちらも衛生的な環境で製造されているはずなのであまり問題は無いかもしれません。ですが、中には管理が悪かったり、流通の段階で不適切な保管のされている可能性もあります。
これらのリスクを避けるためには、できるだけ売れているお店で購入したり、使用前に取り扱い方法をよく読んで使い方を理解してから使うようにしておきましょう。

気をつけたいのは、まつ毛育毛剤そのものの管理についてです。
実はまつげ育毛剤で失明したというリスクの中には、まつ毛育毛剤の管理があまり良くなかったとか、衛生的ではない環境で使っていたという人もいます。確かに使い方に工夫が必要なものもありますが、そのどれもが最初から衛生的に保てるように工夫するしかありません。
例えばアプリケーターを必要とする育毛剤の場合はそのアプリケーターは使い捨ての物を選ぶとか、必ず使う前と使った後にアルコールなどで消毒する、というようなケアが必要な場合もあります。

当然ですが、他の薬と同じように過剰摂取や間違った使い方をすると、リスクが当然出てきます。失明などのトラブルを起こしたくないのなら、きちんと使い方を管理して、専用のアプリケーターなども含めてしっかり管理しましょう。

関連記事
ジェネリックで対応しているまつげ育毛剤のルミガンの使い方

ジェネリックとは、様々な医薬品の開発をせず、医薬品保護のための権利が切れた医薬品を作り、現在流通している医薬品より安く提供する、というものです。このため普段の医薬品より安くなったり、使いやすいようにパッケージや糖衣などで使いやすくなっているように工夫がなされていることも少なくありません。このジェネリ...

2020年04月22日
まつエクと行う場合とまつ毛育毛剤を使った場合の違いとは?

まつエクはまつ毛の長さを足し、時にカラーリングや羽のモチーフをつけることで個性的で印象的な目元を演出する効果があります。一方、まつ毛育毛剤はまつげを伸ばす美容アイテムのひとつで、まつ毛そのものを成長させて目元も印象をより深める効果があります。この二つには明確な違いがありますので、それぞれの違いを考え...

2020年04月12日
まつ毛ケアによる負担が原因で起こるトラブルってどんなことがある?

まつ毛ケアをしたい人の中には、過剰にケアをしたり、幾つものケアを取り入れてしまってトラブルや副作用を起こす人も少なくありません。このトラブルとはいったいどういう症状が出るものなのでしょうか。まず、まつ毛ケアのトラブルでよくあるのが、目のかゆみや充血です。これは無視しようと思えば無視できるのですが、や...

2020年06月15日